2022年6月25日土曜日

Amazonからの本を整理

アマゾンからのダイレクト出版

 自己資本ゼロ、少部数でも出版可能なため、アウトドア関連の本をすべてアマゾンからのダイレクト出版に変更しました。修正が必要な時にも、随時、版の変更ができることも強みです。価格は論理的に許される最低価格です。Kindle本はすべて100円、Paperbackは印刷経費等の関係で、少し高くなり。筆者の印税は30~50円としてあります。

アメリカハイキング入門(第2版)を出しましたので、メインテナンスの関係から、内容の重複した本を整理統合しました。

アメリカ・ハイキング入門 ---グレイシャー、ジョン・ミューア・トレイル、ウィンズ---  第2版 KindleとPaperback版

B5版で400ページ近い分量があります。グレイシャー国立公園、ジョン・ミューア・トレイル、ウィンド・リバー・レンジのガイドブックも含みまず。もっとも規制の強い場所から規制の緩い場所の順に並べてあります。アメリカにはいろいろな場所があるということです。ジョン・ミューア・トレイルの2022年のパーミット規則に準拠して改訂しました。他の場所の改訂は追いつきません。アメリカにハイキングに行く場合は、必ず、各国立公園のウェブサイトを見て、半年前から準備してパーミットを取ってください。



関連書


John Muir Trail Guide 2022 Kindle版

この本は出版停止としました。メインテナンスが追いつかないためです。内容は「アメリカハイキング入門」と重複していますので、上記の本を読んでください。

ジョン・ミューア・トレイル沿いのお気に入りのキャンプサイト Kindle版

自分のお気に入りの、あまり人の近づかないキャンプサイトをまとめたものです。これは内容がほとんど重複していないので、維持しています。




Wind River Range Guide Kindle版

これはワイオミングのウィンド・リバー・レンジのガイドブックです。「アメリカハイキング入門」と内容が重複しています。ただ、本としては貴重なので、維持しておきます。





ハイキングの安全学 第5版 KindleとPaperback


ハイキングで、安全に関する科学的研究をまとめたもので、それに若干、自分なりの意見を述べ、道具などを載せています。あちこち、かなり修正して良くなったと自負しています。日本のアウトドアの知識レベルはかなりひどいという印象です。少しは知識に投資してほしい。



屋久島縦走 歩道案内と記録 KindleとPaperback版

屋久島に10年以上通い、ほとんどの歩道を歩きました。思い出とともにガイドブック風にまとめるのも一興かなとまとめました。有名な場所だけど、こんな本はあまりないと思います。


奥秩父縦走 改訂版 KindleとPaperback版

縦走する人は意外に少なくて、書いてみるのは面白いかなと思って。縦走路から外れると意外に荒れています。




2022年2月6日日曜日

TeXstudioとSumatraPDF の設定


 フリーのSumatraPDFを導入。TeXstudioでの原稿の所定の場所からPDFの所定の場所に行き来できる。TeXstudioではメニューから操作する。SumatraPDFでは所定の場所をダブルクリックするとTeXsudioの原稿の場所に飛ぶ。

 初期設定が非常に大変だった。専門的知識がないので、虱潰しの体力勝負。Window 11ではブログラムのインストール場所が違うので、Window 10での設定例がうまくいかない。
 
 最終的にはこのページが役に立った。
https://tex.stackexchange.com/.../texstudio-forward-and...

 TeXstudioは"C:\Program Files\"にインストールされるが、SumatraPDFは"C:/Users/compl/AppData/Local/"がデフォルトのインストール場所である。

 Window 10のことは知らないが、Window 7ではプログラムのデフォルトのインスール場所は"C:\Program Files (86)\"なので、考え方が大きく変わったようだ。

TeXstudioとSumatraPDFの初期設定


試行錯誤の結果、結論的には
-----------------
SumatraPDFの設定
-----------------
"C:\Program Files\TeXstudio\Texstudio.exe" "%f" -line %l
でよいようだ。

一方、TeXstudioは少し複雑で、以下のようにすると、正常動作する。

-----------------
TeXstudioの設定
-----------------

外部PDFビューアー
"C:/Users/compl/AppData/Local/SumatraPDF/SumatraPDF.exe" -forward-search %.pdf

コマンド|外部PDFビューア
"C:/Users/compl/AppData/Local/SumatraPDF/SumatraPDF.exe" -forward-search "?c:am.pdf" @ -inverse-search "\"C:/Program Files/TeXstudio/texstudio.exe\" \"%%f\" -line %%l" "?am.tex"

TeXstudioの設定が間違っていると、SumatraPDFの設定がクリアされ、"C:\Program"となる。これにはびっくりした。TeXstudioの設定がSumatraPDFの設定を書き換えるようだ。一応、エラーメッセージも出なくなったので、たぶん大丈夫と思う。

TeXstudioの設定結果


TeXstudioのメニューをクリックするとPDFの所定の場所へ、PDFの所定の場所をダブルクリックすると、TeXstudioの所定の場所に飛ぶ。



TeXstudioのビルド設定




ビルド設定





SmatraPDFのオプション





プリアンブルの例


dvipdfmx でPDFに変換する場合

\usepackage[dvipdfmx]{graphicx} 

を使う。これが大事で、これを書かないと巨大なPDFファイルを作るときにクラッシュする。


\documentclass[a4j,11pt]{jbook} %原稿はこれで。
%\documentclass[b5j]{jbook} %本のB5サイズ
%\paperwidth = 190mm        %表紙サイズ
%\paperheight = 265mm      %表紙サイズ

%\documentclass[a4j,12pt,landscape,tate]{tbook}  %縦書きの場合の設定例
%\setlength{\textwidth}{40zw}             %一行の文字数
%\renewcommand{\baselinestretch}{0.85}    %行間隔(標準は1)
%\setlength{\textheight}{36\baselineskip} %一行間隔の場合の行数、上のコマンドと連動する。
%\setlength{\oddsidemargin}{0cm}     %偶数ページのマージン
%\setlength{\evensidemargin}{0cm}     %奇数ページのマージン
%\setlength{\topmargin}{-6cm}       %トップマージン
%\setlength{\textwidth}{30zw}       %一行の文字数
%\renewcommand{\baselinestretch}{0.85}  %行間隔(標準は1)
%\setlength{\textheight}{30\baselineskip} %一行間隔の場合の行数、上のコマンドと連動するので、この場合は30/1.1=27行となる。
%\addtolength{\textheight}{\topskip}   %本文領域上端から一行目の下端を本文領域に含める。
% minipage 疑似2段組み変数の初期設定
% \minitwocolumnに5cmなどの長さを指定してもよい
%\newlength{\minitwocolumn}
%\setlength{\minitwocolumn}{0.5\textwidth}
%\addtolength{\minitwocolumn}{-0.5\columnsep}

\UseRawInputEncoding
\usepackage[running]{lineno}
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx} % dvipdfmx でPDFに変換する場合
%\usepackage[dviout]{graphicx} % dviout でDVIファイルを見る場合
\usepackage{dcolumn}
\usepackage{ascmac}
\usepackage{multicol}
\usepackage{amssymb}
\usepackage{epic}
\usepackage{eepic}
\usepackage{boxedminipage}
\setlength{\fboxrule}{0.2pt}
\usepackage{supertabular}
\usepackage{here}
\usepackage{url}
\usepackage{pxrubrica}
\usepackage{graphicx} 
\renewcommand{\figurename}{写真}
\renewcommand{\tablename}{表}
\setcounter{secnumdepth}{0}
\setcounter{tocdepth}{2}
\pagestyle{plain}
%\pagestyle{empty}   %表紙の場合




2022年1月26日水曜日

TeXLive と TeXstudioの導入

 長い間、Window 7でTeXstudioを使ってきた。LaTeXはW32.texだった。TeXstudioがversion4になったのに、手元のTeXstudioはver3.XXのままである。よくダウンロード・ページを見てみると、Window 7は切り捨てられていた。いろいろ完全に時代遅れになっていた。やむをえず、新しいパソコンを導入し、Window 11に転換することにした。

Window 11導入とトラブル

 Window 10も11も知らないが、富士通のラップトップを導入した。型番はFMVWE2N17D。スペックだけで選んだ。メモリ32GB、 SSD 1TB。外付けにバックアップ用HDを二台付けているが、LaTeXのコンパイルはメモリが多くないと遅くなるし、メモリのスワップの時もSSDなら速いし、HDのように壊れない。

 Window 10 をスタートさせて、古いマイクロソフトのアカウントでログインすると、不正行為とみなされ、ロックされた。ローカルなアカウントを作ってから、OutLookのアカウントを作り、それでマイクロソフトにログインすると、うまくいった。 これでOffice関連が使えるようになった。これで一日ほど無駄にした。

 HDの大量のデータを新しいパソコンにつないだ時にHDの一つのデータが壊れ、これを復旧して、テータ移行に一日ほどかかった。ハード関連のトラブルでは、外部ディスプレイの表示がひどく汚く、設定をいろいろいじり、やっと解像度をディスプレイの推奨にすること、Window 11のディスプレイのデフォルトがHDRであったので、これを外すと非常にきれいな表示になった。

TeXLiveの導入

 ベクターのサイトでLateXのインストーラーを探してもなくなっていた。検索するとTeX Wikiに行き、そしてTeX Liveに行きつく。https://www.tug.org/texlive/acquire-netinstall.html Windowならこのどれかを使ってインストールすればよい。何もしなくても全自動でうまくいく。途中のメッセージも日本語で出てくる。





TeXstudio

   LaTeXのエディタとして優秀で、長い間、愛用している。バージョンアップも頻繁に行われるし、エディタに通知も来て便利である。このサイト https://www.texstudio.org/ からダウンロードする。


ダウンロードしてインストールするまでは簡単である。起動するとビックリする。もともと日本語対応していないので、エディタにShift JISであることを教えて、細かな調整をしないといけない。

エディタの設定


オプション|TeXstudioの設定と進む。フォントのコーディングをShift_JISに変えることが大事。そのほかは好みによる。




コマンドの設定

 TeXstudioの設定よりコマンドのページに行く。ここは難しくて、「TeXLiveとTeXstudioを「Windows上で動作させるまでの手順」https://sekky0816.hatenablog.com/entry/2019/07/10/205423 に従った。

LaTeX: latex.exe -synctex=1 -interaction=nonstopmode %.tex
とする。筆者の場合はデフォルトでこうなっていた。なっていなければ直す。

DviPdf: dvipdfmx -f ptex-ipaex.map %.dvi
と手直しする。DviファイルからPDFファイルを作成する手順である。

Metapost: pmpost -interaction=nonstopmode %
とする。これも手直ししないといけない。

ビルドの設定

 ビルド & 表示をDVI ->PDFチェーン
 既定のコンパイラを LaTeX
 既定のビューアをPDFビューア

とする。これだけで大丈夫のようだ。






Invalid UTF-8 byte “A1


という意味の分からいなエラーコードが出て、画像ファイルが重複しているとかのエラーメッセージも出て、困ってしまった。検索するといろいろなサイトが出てくる。LaTeXの処理システムは原稿の文字コードをUTF-8と解釈するが、Shift JISで書かれていると知らないようだ。文字が間違って解釈され、意味不明のメッセージも出るようだ。解決策は簡単で、原稿の最初に

\UseRawInputEncoding

と書いておくとShift JIS文書として処理してくれる。簡単すぎてわかりにくいが、このサイトがはっきり書いてある。https://programmerah.com/latex-package-inputenc-error-invalid-utf-8-byte-a1-25047/

ヘッダのサンプル

 筆者が使いまわしているヘッダである。コメントアウトしているのは、使うかもしれないときの忘備録である。


\documentclass[12pt, a4paper]{jbook}
%\documentclass[a4j,12pt,landscape,tate]{tbook}
%\setlength{\textwidth}{40zw}             %一行の文字数
%\renewcommand{\baselinestretch}{0.85}    %行間隔(標準は1)
%\setlength{\textheight}{36\baselineskip} %一行間隔の場合の行数、上のコマンドと連動する。
%\setlength{\oddsidemargin}{0cm}     %偶数ページのマージン
%\setlength{\evensidemargin}{0cm}     %奇数ページのマージン
%\setlength{\topmargin}{-6cm}       %トップマージン
%\setlength{\textwidth}{30zw}       %一行の文字数
%\renewcommand{\baselinestretch}{0.85}  %行間隔(標準は1)
%\setlength{\textheight}{30\baselineskip} %一行間隔の場合の行数、上のコマンドと連動するので、この場合は30/1.1=27行となる。
%\addtolength{\textheight}{\topskip}   %本文領域上端から一行目の下端を本文領域に含める。

% minipage 疑似2段組み変数の初期設定
% \minitwocolumnに5cmなどの長さを指定してもよい
%\newlength{\minitwocolumn}
%\setlength{\minitwocolumn}{0.5\textwidth}
%\addtolength{\minitwocolumn}{-0.5\columnsep}

\UseRawInputEncoding           %<----------TeXLiveではこれが不可欠

\usepackage[running]{lineno}
\usepackage[dvips]{graphicx}
\usepackage{dcolumn}
\usepackage{ascmac}
\usepackage{multicol}
\usepackage{amssymb}
\usepackage{epic}
\usepackage{eepic}
%\usepackage{foldbox}          ---------------TeXLiveになし
\usepackage{boxedminipage}
%\usepackage{eclbkbox}      ---------------TeXLiveになし
\setlength{\fboxrule}{0.2pt}
\usepackage{supertabular}
\usepackage{here}
\usepackage{url}
\usepackage{pxrubrica}
\usepackage{graphicx} 
\renewcommand{\figurename}{写真}
\renewcommand{\tablename}{表}
\setcounter{secnumdepth}{0}
\setcounter{tocdepth}{2}
\renewcommand{\bibname}{引用文献}
\def\notesname{文献}
\pagestyle{plain}

%章末に脚注
%\usepackage{endnotes}
%\let\footnote=\endnote
%\renewcommand{\theendnote}{\arabic{endnote})}
%\renewcommand{\notesname}{註}


\begin{document}


\begin{titlepage}
\vfil
\begin{center}
{\Huge 屋久島縦走}
\vspace{4em}
{\Large 歩道案内と記録}
\vfil
{\Large 村上宣寛}

\end{center}
\end{titlepage}
\newpage


コンパイル・サンプル


 今、執筆中の屋久島ガイドのコンパイル画面を示す。近いうちにアマゾンからKindleやPaperbackとして出版予定である。ちょっとだけ宣伝。






Window 11 でのデスクトップ


 ここまで来るのに3日かかった。やっと快適な環境になった。足らないソフトは順次入れていく予定である。筆者はLaTeXの専門家ではないので、初めての人は大変かと思う。まとめておけば、何かの足しになるかもしれない。












2021年11月18日木曜日

John Muir Trail Guide 2022

ヨセミテのパーミットの取り方が変わったので、その部分を改訂した。

無料キャンペーン

アメリカ太平洋時間

金曜日, 11月 19, 2021, 12:00 午前 ---火曜日, 11月 23, 2021, 11:59 午後 PST



https://www.amazon.co.jp/dp/B09M6CF1WJ


2021年10月10日日曜日

奥秩父縦走ガイドと思い出少し。



目 次
第1章 概念図
インリーチとは/マップシェア
第2章 金峰山から大弛峠
/信濃川上駅から金峰山/金峰山荘/金峰山小屋/韮崎駅から金峰山/富士見平小屋/
金峰山から大弛峠/大弛峠からの脱出/大弛峠から川端下/大弛峠から山梨駅/大弛小屋
第3章 大弛峠から甲武信ヶ岳
大弛峠から国師ヶ岳/国師ヶ岳から富士見/富士見から甲武信ヶ岳/甲武信小屋/
甲武信ヶ岳からの脱出/千曲川源流から川上村へ/戸渡尾根から西沢渓谷へ
第4章 甲武信ヶ岳から笠取山
甲武信ヶ岳から破風山/破風山から雁峠/雁坂小屋/雁峠から笠取山や笠取小屋
笠取小屋/笠取山からの脱出
第5章 笠取山から雲取山
笠取山から将監峠(尾根道)/笠取山から将監峠(巻き道)/将監峠から飛龍山/飛龍山から雲取山/
雲取山避難小屋/雲取山荘/飛龍山からの脱出/丹波へ/三条の湯へ
第6章 雲取山から奥多摩駅
鷹ノ巣山経由で奥多摩駅へ/長沢背陵をへて鳩ノ巣駅へ


1.AmazonよりPaperbackは、800円+税
2.Kindle版(スマホのKindleアプリで読める)は100円。無料キャンペーンは、月曜日, 10月 11, 2021, 12:00 午前 PDT から 金曜日,10月 15, 2021, 11:59 午後 PDT(アメリカ太平洋時間)


サイトはここ




2021年8月31日火曜日

奥秩父から奥多摩縦走 2021.8.19-26.

 

66iでの発信箇所


8/19 佐久平に早く来すぎ。コンビニに行ってKindleを読んで時間を潰す。後は順調でJRで信濃川上、バスで川端下14:30。27kgのバックパックは重く、2時間ほど歩いて、キャンプ地の第一候補地で終了。18:30テント設営。およそ1700m地点。夕食はステーキ。ちょっと良い肉を買ったためか、非常に美味しかった。ちょっと高い中国製のエアピローが空気ぬけ。ずっとお荷物になった。





8/20 5時頃起きる。出発は6:40ほど。一時間ほどで登り口。車が一台入ってきて待っている。変だと思ったら川上村の遠足、先生3名、ガイド1名、テレビ局1名つき。子供は5-6年生10名ほど。素晴らしくリッチ。金峰山荘で小雨。頂上は11:40。ゆっくりとランチ。雨ではなく曇り。天気は曇りで富士山は見えず、大弛峠は午後4時頃。テント場ではなく、林道に張った。夕食は手作りハンバーグ。 







8/21 5時頃起きる。へとへと。今日も曇り。7時大弛峠、8:30 国師が岳。10:20 2295mのピーク。11時、国師のタルでランチ。15:00 富士見。16:30 信濃川源流。水平な場所が乏しかったが、テント設営。66iでの衛星通信が難しく諦めた。雨、林、谷なので難しいか。



8/22 帰ろうかと思ったが、雨が上がったので続行。甲武信岳手前で富士山が見えた。8:20 甲武信岳では富士山が雲に隠れる。10:20 破風山手前の避難小屋でランチ。この後、どうした訳かペースが上がらず、15:00 雁坂峠。雁峠まで3時間はかかるので、無理はせず、15:20雁坂峠のキャンプ場でテント。小屋は無人。トイレはもの凄く汚い。電話が可能だった。疲れ果てたのか11時間ほど寝た。天気は曇り、少しだけ雨。曇り続きのため、ソーラーパネルが機能せず、電源の予備がなくなった。









8/23 5時起き、携帯電波入らず、少し強風。9:50 雁峠。笠取山はパスして巻き道を通ってみることにした。下りは道が少し荒れていたが、笠取小屋からの道と合流すると良い道になった。黒えんじゅでランチ。12:00。素晴らしい道が続く予感はあったが、見事に裏切られる。朽ち果てつつある木の橋などが増えていく。沢を横切る度に道が悪くなる。突然、二人と会う。二人ともヘルメット装備、軽装。生物調査の表示。おそらくは鳥の巣箱の確認調査と思う。口を効かず、すれ違う。道はどんどん悪くなり、ヘルメット装備がだんだん理解できてきた。川の上流部分を横切る時に道が崩れてなくなっていて、崖の上下になる。合流地点まで500mほどの地点で道を見失う。GPSによると、道は低い所にあるはずだが、本当かは分からない。峠の方向を目指す。しばらく歩くと、道に合流。ただし、川の上流部分で激しく寸断。最大の注意を払って通過した。15:30 1872mの合流地点に到達。いやはや疲れた。とても飛龍の水場まではいけないので、将監小屋を目指す。小屋は無人。16:20到着。夕食を摂り、寝ようと思うが、早く寝られない。へとへとにはなったが、本当には疲れていないようだ。










8/24 5時起き、曇り。へとへとだが、一応、脚は動く。9:40 大ダル。下ばかり見ていて気づかなかった。飛龍の水場10:00。休みのつもりが早めの昼食にした。厄介な場所に入る前に胃袋を空っぽにしたいから。道はそこそこ荒れてはいるが、熊笹をよく読んでルートを外さず、比較的楽に狼平、14:00。大休止。安全圏に到達した。15:30 三条ダルミ。雲取山16:20。トイレの手洗いの水がなく、キャンプできない。仕方なく、雲取山荘のキャンプ場。17:00。天気は曇りから雨。





8/25 朝、小雨だったのでゆっくりと出発。雲取山は8:30 携帯は圏外。富士山は見えた。逆方向に歩く人と会った。一日で七つ石小屋まで歩いたそうだ。なぜか、その人は雲取山荘の方へ行った。のんびりと歩き、11時、七つ石山でランチ、鷹ノ巣山は13:45着。荷物を避難小屋において水汲み。やはり小屋は落ち着かず、何時もの場所にテント設営。ソーラーパネルで電気作り。少しうとうととする。トレランの人が3名、奥多摩駅の方向に行った程度。人が非常に少ない。 










8/26 5時起き、晴れ。今回は食料がぴったり、お昼のパンとチーズを残すのみとなった。鷹ノ巣山7:30、雨の後だからか、富士山がきれいに見えた。何通りか撮影。奥多摩駅に向かって歩くだけ。今回は膝をかばう歩き方をしたのか、脹ら脛が疲れた。また、下りのスピードが遅かった。奥多摩は午後13:30到着。コンビニでパンと牛乳を買って駅へ。駅の近くで土砂降りの雨。天気予報は嘘ばかり。立川のホテルに15時着。今回は非常に疲れたが、事故もなく、歩けたので、良しとする。

すべての写真はここ

2021年6月3日木曜日

アメリカ・ハイキング入門 (自己出版)

 この本は「米国ハイキング大全」(エイ出版、2018年)の改訂版である。本の出来映えはひどく、写真が白黒で小さく黒つぶれしていたし、イラストは不正確で、著者の意図を無視した、編集者による書き換えがあった。機会があれば、絶版にして、出版し直したいと思っていた。そんな時、エイ出版が多額の負債を抱えて倒産し、出版契約が解除になった。

 そこで、エイ出版に提出する前の原稿に手を加えて自己出版することにした。原稿とレイアウトは手慣れたLaTeX で行った。地図のイラストはフリーのCalTopoをベースに作成し、全領域で5万分の1の地形図を収納した。クロスカントリー・ルートはさらに大きな縮尺の地図を載せた。写真はコストの関係で白黒としたが、PDFのカラー画像を白黒画像に変換した。この方が黒つぶれせず、カラー写真の濃淡が保たれると思う。カラー写真は印刷物ではコストがかさむので、別途、カラー写真だけのKindle本を考えている。

 アメリカでのハイキングについての本は非常に少ない。ただ、少数でも必要な人はいるはずである。そういう人のために、この本を書き残した次第である。

●ハイキングとは
アメリカでのハイキング
歩き方
アメリカに行くには
危機回避の方法
推奨装備

●グレイシャー国立公園
概略---地質/歴史/気候/動植物/地図・ガイドブック/アクセス/パーミット/補給
トレイルガイド ---ウォータントン・レイクからメニー・グレイシャー/メリー・グレイシャーからツー・メディシン・レイク/ツー・メディシン・レイクからウォールトン・パーク

●ジョン・ミューア・トレイル
概略---地質/歴史/気候/動植物/地図・ガイドブック/アクセス/パーミット
トレイルガイド---ヨセミテからトゥオルミ・メドウ/トゥオルミ・メドウからレッズ・メドウ/レッズ・メドウからヴァーミリオン・ヴァレイ・リゾート/ヴァーミリオン・ヴァレイ・ヴィリッジからミューア・トレイル・ラーンチ/ミューア・トレイル・ラーンチからラ・コンテ・キャニオン/
ラ・コンテ・キャニオンからレイク・マージョリ/レイク・マージョリからケアサージ・ジャンクション/
レッズ・メドウからVVRケアサージ・ジャンクションからマウント・ウィットニー/ホースシュー・メドウからクラブツリー・メドウ

●ウィンド・リバー・レンジ
概略---地質/歴史/気候/動植物/ガイドブック/アクセス/パーミット/補給
トレイルガイド---グリーン・リバー・レイクス・トレイルヘッドから/エルクハート・トレイルヘッドから/ボウルダー・レイク・トレイルヘッドから/ビッグ・サンディ・トレイルヘッドから

●主要標準装備紹介
ブーツ/トレッキングポール/バックパック/テント/寝具/衣服/台所事情/電子機器