2018年6月20日水曜日

白木峰-小白木峰-金剛堂山

小白木峰から金剛堂山の南の地域は20-30年のブランク。ここでアウトドアを覚えた。昔の林が巨木に成長しているのにびっくり。金剛堂山の縦走路は整備が追いつかず、放置状態で、薮こぎに近かった。地図とコンパスのみでは危ないので高度計を併用すること。GPS使用が望ましい。

I learned the "backpacking" at the south range of Mt.Shiraka and Mt. Kongodosan, absent for around 20-30 years. The forest growed huge. The ridge trail of Mt.Kongodosan is covered by striped bamboo. I think most of the ridge trail was not maintained. I must push forward against low bamboo.

6/16 越中八尾駅でバスに乗ろうと思うとびっくり。登山者風のグループが40名ほど。バスが来て、すべては乗れないので、急遽、もう一台も走ることになった。グループは仁歩で下りた。ホタルの里の探索らしい。大長谷までは一人のみ。9:30出発、曇りの予報だが、天気は良くなって、しばらく青空。登山道は急で滑りやすいので、林道をブラブラ。1,200m地点でランチ、12時。雲が出て、何も見えない。12時半出発。やはり林道ブラブラとした。14:00 白木峰避難小屋。誰も来ない。ガスの中。コーヒーを飲んで、うとうとする。目が覚めてからドアのクローザーの故障の修理。残念ながら、モダンなトイレは閉鎖のまま。7月から10月くらいまでしか使えないトイレ。夕食はステーキなど。


inReachでの発信場所。時計回りに歩いた。

笹百合

タニウツギ
ニッコウキスゲ
一応、壊れたクローザーを接続した。


6/17 6時過ぎに出発、コバイケソウの当たり年だそうだ。雲海も奇麗。






小白木峰から小坂谷に下りてからの林道と国道(名前だけ)が長い。県境を探検している高齢者二人と話す。また、山菜採りの二人。同じ年齢と知り、びっくりされた。フットボールかラグビーをやっているように見えるそうだ。水無方面のルートは20~30年ぶり。林が巨木になっていた。一応、記憶にある場所がいくつかあった。予定の水場でテント設営。ここも記憶に残っていた。inReachでの現在地発信がうまく行かず、200mほど離れた場所に移動して発信に成功した。

2日目


6/16 4:00におき、5:30出発。利賀村からのバスが14:49なので、早めが吉と考えた。天候は曇り。地図にない林道を延々と上る。昔、ここはクロカンロードで詰めて、ロードをデポして金剛堂山を往復した場所。あまり記憶がないので、GPSでトレースを作る。国土地理院の地形図は半世紀前のまま。

赤線は推論、水色がトレース。林道は1,500mまで伸びている。


道は時々前が見えなくなる。遭難しても不思議ではない。地図と高度計が必要。GPSがあればピンポイントで現在位置が分かる。

奥金剛堂山


白木峰方面



金剛堂山


下りが酷い

上百瀬に温泉が出来ていた。

金剛堂山 9:00着。パンを食べてゆっくりする。曇り。9:30下山開始。スノーバレーに下山。昼前。時間があるので、百瀬の方に歩くと、温泉を発見。600円。良い風呂だった。14:40 デマンドバスが迎えに来た。乗客は一人のみ。越中八尾まで、たったの200円。

すべての写真はここ

2018年5月21日月曜日

奥多摩ループ(反時計回り) Okutama loop -counterclockwise



inReachでの通信箇所。逆時計回りに歩いた。携帯電話は雲取山くらいしか通じない。


仕事で忙しく春の奥多摩は行ったことが無かった。昨年末は時計回りに歩いたので、今年は逆向きとした。長期予報で晴天の続く日を伺い、急遽、出発。




5/14 8:00富山発、鳩ノ巣13:00着、非常に暑くなった。大根の山の神までが遠い。トータルパックウェイト26kg。杉の殿尾根を歩く。大だわへ巻き道に入るが、地図とGPSが食い違う。地図の分岐は100mほど手前に表記されている。東京都のレンジャー二人と会う。一般道ではない。川苔山への尾根は岩岩しているとのこと。それで大だわから巻き道へ。これも良くない道。



舟井戸17:00。休んでいる人に写真を撮って貰う。キャンプ適地だったが、先に進み、水場に下りて6リッター担ぐ。川苔山山頂6:00









5/15 5:00 目が覚めた。期待していた富士山は見えない。6:40出発、日向沢の峰でかすかに富士山が見えた。


蕎麦粒山9:30、ゆっくり休憩。緑が奇麗。時間があるので三つドッケに登る。




山ツツジも最高に奇麗














15:00 酉谷避難小屋 2名が来たので外にテント設営。















5/16 4時に目が覚め、6時出発。ツツジに加え、シャクナゲが奇麗。





長沢背陵の嫌な場所は2箇所。もうなじみになっていて、何の問題もなし。芋ノ木ドッケの山頂近くで昼食。大だわ近くで2頭の鹿を発見。ゆっくり撮す。雲取山荘のキャンプ場14:00着。





5/17 4時過ぎに目が覚め、6時出発。雲取山の山頂から富士山が見えた。



奥多摩小屋はまだ営業していた。来年の3月末までとのこと。タマちゃんを撮影。





鷹ノ巣避難小屋 11時半着。テント設営。



5/18 6時出発、鷹ノ巣山山頂からの富士山が一番奇麗だった。


 


石尾根も順調に下り、奥多摩駅12時着。コンビニで弁当を買い、あづまやで昼食、休憩。13時過ぎのJRで立川に向かい、のんびりと風呂と宿泊。贅沢な旅行だった。

すべての写真はここ

2018年5月3日木曜日

永田歩道(2007年の記述に2008年を追加)

登りで迷わなくても下りで迷ったりする。歩く人には独立型のGPSの携帯を推奨する。いったん、森に迷い込むと、方向感覚が狂い、遭難する。GPSがあれば迷っても正しい方向が分かるので、尾根に復帰できる。携帯電話付属のGPSユニットはおまけなので、無いよりマシな程度。



2007年

晴天で星がよく見えた。少し頭痛。風邪かもしれない。4時半に起きる。パン、チーズ、マンゴー、コーヒー。5時20分、のんびりした。出発は6時少 し前。やっと少し明るくなった。


永田歩道入り口 2008年撮影


しばらく行くと、道が無くなる。分からない。GPSで歩く。6時14分、170メーター地点。6時25分、道が何本もあ る。赤いテープもある。280メーター地点、小休止。6時50分出発。400メーター地点、道がおかしくなる。GPSで元に戻る。




最初の水場、たぶん第一休憩所近く。



450メーター地点、水あり。小休止。リスのような動物が走る。カメラで写す。しばらくするとGPSを落としたことに気づく。50メーター程引き返す。水場の傍に落ちていた。専用ケースに入れて、ヒモで接続しないといけない。



(2008年、下る時の記述)700メーター地点。11時15分出発。テープがなくなり、道もなくなる。ミズトリ沢に下りる道に半端にテープが付いていた。 GPSで尾根に戻る。


ミズトリ沢

水鳥沢780メーター、9時20分、水を補給。現在1.5リッター。9時半出発、少し頭痛



830メーター地点、道が100メーターくらい東にずれ ている。付け替えたのだろう。


鹿ノ沢小屋まで7.7km

9時45分935メーター地点、後7.7キロの標識。

10時10分、鹿が一匹。疲れたので小休止。960メーター地点。

男女二人と会う。鹿の沢小屋からとのこと。975メーター地点。小屋の標高は1550メーターとのこと。

1130メーター地点、小休止。やはり、 コースタイム程度はかかる。






7本杉、台杉状態の杉が何本もある。



1190メーター、岳の辻手前、水あり、昼食とする。11時半。ほとんどコースタイム通り。チェダーチーズも旨い。パン一枚、 チーズ3個。

11時50分出発、水0.5リッター追加、現在1.3リッター。岳の辻12時。


竹の辻12時34分。1230メーター地点、7本杉。12時 半。後6.2キロ。

ほとんど展望のないコース






1300メーター地点、水有り、12時40分、テント可。鞍部、12時50分、素晴らしい水場、ヒゲを剃って顔を洗い、身体を拭く。水は1リッター のみ。


八井の鼻ちかく(2008年)




2008年撮影
2008年撮影


1320メーター、後4キロの標識。やっと姥ヶ岩屋、たき火の後あり、寝られる岩屋、14時6分。遅れたが、後3時間程度。


姥ヶ岩屋







桃平。水は無いが、下ればある。テント泊可。





15時42分、なめた沢があり、渡るとテント場あり。後30分程度なので通過。



16時半、鹿の沢小屋着。鹿の沢小屋、10時間半かかった。


黒味岳往復の人がいた。単独だと、どうしても食料は多めになってしまうという。写真を写してもらう。明日、花山歩道を下り、栗生まで歩きバスに乗って飛行機に乗るという。開聞岳に行くとのこと。川を渡った所に良いところがあると聞き、17時、テント設営。

おまけ、宮浦岳

永田岳