2017年4月21日金曜日

BigFiveとMMPI-1/MINI/MINI-124





主要5因子性格検査ハンドブック 三訂版


 外向性、協調性、良識性、情緒安定性、知的好奇心の5つの因子で性格を記述するビック・ファイブ・モデルと、それに基づいて作成された「主要5因子性格検査(70項目)」と「小学生用主要5因子性格検査(小学4年~6年、51項目)」、ソフトやカーボン版、マークカード方式の最新版解説書です。

 ビッグ・ファイブ・モデルは、名前が何らかの実体を表すと言うギリシャ時代の思想に起源があります。19世紀後半に始まった性格表現用語の辞書研究やそれに基づく膨大な因子分析研究の蓄積を経て、1980年代に性格が主要な5つの因子で記述できるというコンセンサスが得られました。このビッグ・ファイブ・モデルは、世界の様々な国で確認されています。

 主要5因子性格検査では、全国の住民票(一部地域では電話帳)から4100名を多段階無作為抽出して有効な回答1166名をもとに、青年期、成人前期、成人中期、成人後期の世代別に標準化が行われました。5つの性格が理解できるほか、性格尺度の高得点や低得点の組み合わせから50の性格特徴を「全体的印象」にまとめました。「温かい人」、「几帳面な仕事人」、「だらしない人」、「精力的な野心家」などです。

 性格検査では、5つの性格尺度に加えて、建前尺度(成人用)や問題攻撃性尺度(小学生用)など、有用な尺度が追加されています。様々な性格の事例や、社交不安症を認知行動療法に基づいて治療した詳しい臨床事例、研究のトピックスなども掲載されています。

MMPI-1/MINI/MINI-124ハンドブック 改訂版


定評のある心理検査MMPI(ミネソタ多面人格目録)と、それに基づいて作成された拡張版「MMPI-1自動診断システム」(566項目、129尺度1指標)とその短縮改訂版「MINI自動診断システム」(250項目)、「MINI-124自動診断システム」(124項目)ソフトの最新版解説書です。

 ミネソタ多面人格目録は、うつや不安など様々な精神症状を客観的に測定する質問紙で、半世紀以上にわたって広く使われています。MMPI-1、MINI、MINI-124性格検査では、全国の住民票から4700名を多段階無作為抽出して、有効な回答1178名をもとに青年期、成人前期、成人中期、成人後期の世代別に標準化が行われました。その結果、世代により解釈を主観的に変更する必要がなくなりました。

 臨床尺度の高得点尺度の組み合わせ(スパイクやプロファイル・タイプ)の解釈には、臨床上有用な診断印象や治療要件の情報が網羅されています。診断名はDSM-IV-TRからDSM-5にアップデートされ、エクスポージャーや行動実験を取り入れた認知行動療法、マインドフルネス等、できる限りエビデンスの確認された治療法が提案されています。また、精神症状の異なるうつ病の3事例、社交不安症、作為症のテストの特徴と治療による変化、顎変形症患者と歯科矯正患者の心理的傾向も紹介されています。

特殊な本なので、書店に配本はされていません。書店は買い取り制で、返品不能だそうです。筑摩書房に直接注文すると確実です。アマゾン、ヨドバシ等、ネットでは、取り扱っていませんとか、販売休止中とか、間違った表示になっています。

注文は、直接電話かE-mailでも受け付けてくれます。

(株)筑摩書房 〒111-8755 東京都台東区蔵前2-5-3

TEL 03(5687)2673

E-mail: big5-support@chikumashobo.co.jp

手引き、質問用紙など





ソフトウェア





価格表





0 件のコメント: